小学校受験の費用は?
2017.05.24

本小学校受験に関わる費用というものは無視できない要素になります。いざ受験をしようと思ってもかかる費用が想定以上だった場合、諦めなくてはなりません。小学校受験をするにあたり、多くの人が考えるのが子供を塾に通わせることでしょう。集団の中における友人との関わり方、面接対策、受験に関わる情報収集などを考えれば、通っておいた方が得られるものが多いです。期間は年中から通うとして、1年以上は利用することが多いでしょう。週1、2日の利用として、月謝が3~6万円が相場となっています。しかし家庭によっては一つだけでなく、いくつかの教室を掛け持ちしたり、また別のものを受講したりなどしてもっとかかる場合があります。その際には月10万円以上になる可能性があります。

実際に小学校受験を前にすると、高校や大学受験と同じように幼児教室などで模試を行うケースがあります。模試をする事により、小学校受験のリハーサルが出来ます。それはどのようにして受験を行うのかを知ることが出来るだけでなく、子供の現在の能力がどれだけあるのかを知ることが出来ます。模試を1回行うと平均して1~2万円かかるようです。

何より小学校受験というものに対しても費用がかかります。国立、私立の小学校で幅があるのは当然であり、名門小学校ならばそれに見合った費用になるでしょう。そして人によっては1校だけでなく、複数の小学校を受験します。それに合わせて更に出費が重なります。国立小学校の場合は1万円もかかりませんが、私立小学校、名門小学校となれば易々とそれを超えるでしょう。

小学校受験において必ず行われることは面接です。面接の際には子供だけではなく、家族全員が面接に参列します。となれば面接を行うにあたってきっちりとした洋服を用意する必要があります。中には家族全員が新調することがあるでしょう。個人差はありますが、全員の洋服を用意した場合、5万円前後はかかります。

さて、これらを含めて費用をトータルで考えるとどうなるか。平均すると50万~300万ほどかかるようです。どうしてこんなに金額に差があるのかというと、これは幼児教室に通う数、模試を受けた回数、そして受験する小学校の数などに個人差があるためです。どれかを絞っていくとその分安く済みますが、念入りに数を重ねていくとなると、やはりその分高くついてしまいます。準備を始める時期もまた費用に関わってくるので、自分の子供に合ったプランを立てて進めていくことで、少しでも費用を抑えることが出来るでしょう。

▲ ページトップへ