小学校受験の合格率
2017.05.24

先生と子供受験というものは何としてでも合格したいと考えるものです。それは小学校受験においても変わりありません。あの学校の小学生にしたいから早いうちにその対策をしているんだ、と考えるものです。そしてそれにかかる費用も馬鹿になりません。学んだことは腐ることはほぼありませんが、だからといって受験に失敗してしまうと親だけでなく子供もまたつらい思いをしてしまうでしょう。だからこそ合格率というものは気になる数値と言えるでしょう。

合格率という言葉を見るのはやはり塾でしょうか。どこの小学校の合格率が何%なのか、と合格実績を出している塾は多く見られます。自分の子供を通わせたい小学校に対する実績があるならば、自然と合格率を気にしてしまいます。逆にこの小学校に通わせたいのだから、それに対する実績がある塾を探したい!という人であっても目に付く機会があるでしょう。それだけ合格率というものは、受験に大きく関わる要素なのです。

もちろんどれだけ高い数値があったとしても、それは確率です。仮に100%という数値があったとしても、それは絶対そうだと言えないのが現実です。当日の子供の体調であったり、倍率が高い学校だったりとした要素で、崩れ去ることもあり得ます。それでも、高い数値ならば期待が持てます。合格率というものは、塾にとってはそんな人たちを呼び寄せる広告といえるものです。

では合格率というのは信用ならないものなのか、というとそうでもありません。完全に偽りの情報ならば、その塾に人が集まるはずはありません。ちゃんとした実績があるからこそ利用する人がいるのであり、合格率を出せるだけのデータがあるのです。少なくとも子供に対してしっかりと教育を施し、受験対策について教えてくれるでしょう。それをしっかりと身につけることが出来たならば、少しでも子供の合格率を上げることが出来るはずです。

ですが先ほども言ったように現実は何が起こるかわかりません。万全の対策をしたとしても、思い通りの現実が待っているとは限らないものです。同じように万全の状態に持ち込んでいるであろう、他の受験生の存在です。それが高めた合格率を下げる要素になります。学校は全ての人を受け入れられません。必ず枠が存在し、枠に入らない人は溢れかえります。倍率が、合格率を著しく下げます。それはどれだけ対策してもどうにもならない要素であり、それに対する心構えは親にも必要です。倍率に対する合格率を考えるならば、少しでも倍率が低い学校を選ぶことで、その対策にはなりえます。ですが倍率や合格率ばかりを考えることで、子供に合わない学校を選ぶことは避けましょう。もし合格したらそこに6年通うのは親ではなく、子供なのですから。

▲ ページトップへ