小学校受験ランキングトップ5

第1位 伸芽会

  • 驚異の名門小学校合格率としての61年の歴史

  • 本番さながらの環境で育てる総合力で完成形を仕上げる

  • 小学校受験最大規模級の公開模試受講者数ナンバーワン

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

伸芽会に対するみんなの口コミ

子供の学力に応じた指導や細かいサポートをしてくださりました。先生方の質が他の学習塾に比べて非常に丁寧で、順調に子供の学力...
志望校別にコースが細かく分かれていて、受験の際には非常に助かりました。さらに受験の際の注意点など、先生方にしか分からない...
カリキュラムが充実していて細かく分かれており、それぞれに合った指導方法をしていただけてとてもよかったです。担当の先生が、...

パイオニアならではの教育理念で育てる

自分で考える力を養う想像力教育、好奇心で捉えたことを体験することで理解する体験力教育、他者の考え方を聞いたりするなかで自分なりの解決策を育成する自助力教育という3つの教育理念が大切にされています。

第2位 チャイルド・アイズ

  • 専門スタッフが徹底分析した志望校別カリキュラム

  • 経験豊富な指導者による少人数制のきめ細かいレッスン

  • 志望校別の徹底的な学校対策コースや面接対策も豊富

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

チャイルド・アイズに対するみんなの口コミ

子どもの個性や性格、得意分野と苦手分野を先生から教えていただき、親がふだん見えているのとは全く違う一面が見え、客観的に見...
先生方の雰囲気がとても良く、子どもは毎回楽しみにして通っていました。先生の方から子どもの個性などを教えていただいて、家庭...
チャイルド・アイズには、子どもの扱いが上手な先生がたくさんいます。落ち着きのない息子が、あれほど集中して学んでいるところ...

「学ぶ楽しさ」を体験しながら受験対策

レッスンは勉強ではなく遊びと捉え、楽しんで見える活動の中に存在する「学び」に着目し、子どもが本能的に求める知的成長をサポートしてくれます。考える遊びを体験しながら、自身と意欲を引き出す指導が行われています。

第3位 アイ・シー・イー幼児教室

  • 志望校合格はもちろん、入学後にもつながる力を

  • 目標・習熟度別クラスで弱点対策もしっかり行います

  • さまざまなクラス分けで総合力を高める実践的なカリキュラムの

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

アイ・シー・イー幼児教室に対するみんなの口コミ

息子の小学校受験の際にこちらにお世話になりました。小学校別対策をする授業があったので良かったとおもいます。教室内がとても...
先生方の指導法は柔軟性を重んじていて、生徒一人ひとりに合わせた無理のないカリキュラムで、長続きがとても苦手な子どもがとて...
小学校受験を控えた娘がこちらをとても気に入っています。怒鳴るなどの指導が全くなく、みんなで楽しみながら協力して学ぶという...

家庭学習もサポートした能力を伸ばす指導

アイ・シー・イー幼児教室は、ご家庭で過ごす時間も、お子様の能力を伸ばす時間と考え、ご家庭で取り組める題材の提供やサポート方法のアドバイスも行っており、お子さまに最適な指導を行います。

第4位 理英会

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

小学校受験を真剣に考えた全面的なサポート

理英会は、首都圏主要小学校の入試問題のすべてをカリキュラムに入れているという点が特徴です。それはプリント問題だけでなく、生活面・運動・行動等すべてのジャンルにおいて指導が行われています。

第5位 ジャック幼児教育研究所

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

志望校対策には欠かせない学校別クラス

ジャック幼児教育研究所では、志望校別に担当教室を設け、専門的に研究しています。長年にわたり蓄積されたデータや経験をもとにカリキュラムを組み立て、各校が求めるお子様像を理解して指導します。

小学校受験のメリット

かっこいい子供日本において少子化は問題になっています。しかしそれに伴って受験に対する負の空気は悪くなっているのか、というとそうでもありません。確かに少し前は受験戦争という言葉が生まれるくらい熾烈な環境にあったのですが、最近では落ち着いた状態になっているとされています。

これは小学校受験においても同じことが言えます。子供に対する教育というものは親によって様々な考え方がありますが、昨今では子供には良い教育を受けさせたいと考える人や、親自身が高学歴だったため子供もまた同じような道を歩んでほしいと考える人もいます。

小学校受験を行うにあたってどのようなメリットがあるかというと、進学が良くなる点です。何故かといえば小学校受験に合格して入学すると、多くの場合卒業後は内部試験によって進学することが出来るのです。そのため中学校、高等学校とエスカレーター形式で進学が出来るので、外部から入る入学試験というものはあまり考えなくて済むのです。

また私立小学校、名門小学校というものは、学校ごとに何かしらの独自の色を持っています。それは公立小学校に多く見られる型にはめた教育ではありません。私立小学校、名門小学校ごとの独自の教育が、子供たちごとにある個性を伸ばす教育を受けられるのです。

小学校受験の問題

先生いざ自分の子供を小学校受験させようと考えたまではいいものの、それに伴って浮かび上がってくる問題というものは拭い去れるものではありません。ここではよく耳にする事柄について触れていきたいと思います。

まずは親同士の問題です。よくあるのが教育方針の違いです。片方はのびのびと育ってほしいと考えていますが、もう片方はいや、今のうちからいい学校に通わせて学んでほしいという考えを持っているという点です。小学校受験をさせるのですから、後者の考えが強まっていると見ていいでしょうが、しかしそれはどうなのか?という考えと相反し、ぶつかり合ってしまいます。それによって家庭内トラブルが生まれ、少しずつ環境が悪くなってきます。子供の将来に関わることなので譲れない点もあるかもしれませんが、それによって今の状況を壊してまでやることなのか?と一度冷静になって話し合ってみましょう。

また教育方針は合っていても、それが子供にとって合っているのかどうかも問題です。子供はそれぞれ個性が違いますし、性格も違います。向き不向きはあって然るべきです。いざ受験対策を始めてみると、子供は受験するにあたって少し不利な性格をしているのがわかったということもあります。そこは直せば問題ない、それもまた成長だと教えるのもいいですが、それに熱中して子供に強く当たる、辛く当たるなどをしていると、子供自身が歪んでしまう事があります。幼いころに生まれた歪みというものは成長しても完全に治りきるものではありません。それがしこりとなり、親に対して負の感情を抱いたまま成長することもあるので注意しましょう。

何歳から準備をするべきなのか

金髪の子供小学校受験をするにあたって、気になる点といえばいつから準備を始めればいいのかについてでしょう。やっぱり早いうちに始めた方がいいのでしょうか。あるいはもう少し後から始めても問題ないのでしょうか。必ず合格させたいと考える人にとっては、この準備期間というものは重要視するものです。そのため何歳から始めた方がいいのかについて触れていきたいと思います。

一般的には年中から始めても大丈夫とされています。ということはおよそ4歳くらいですね。準備期間でいえばおよそ1年から2年の間になりますが、これを長いととるのか短いととるのかは人次第でしょう。子供というのはその年頃であっても色々と吸収して成長します。それは誤った知識もまた吸収しやすいということになるので、気をつけなければなりません。

準備に関しても志望する小学校の選び方から始まっているといってもいいでしょう。教育方針に沿った学校を選び、それに合わせて段階的に対策をする事により、子供もまた相応の学力が上がります。もちろんただ受験対策の勉強だけの日々を過ごすのではなく、日々の生活の中で志望する学校の受験に出てきそうな事柄に関連した遊びを取り入れるのもいいでしょう。その程度のことならば、年中ではなく、年少の時期から少しだけ混ぜてもいいかもしれません。

塾の選び方

微笑む子供小学校受験をするにあたって、近年ではその対策を学ぶことが出来る塾が増えてきています。でも小学生になる前から塾に通う必要があるのだろうか?と首を傾げる人もいるでしょう。塾と聞くとやはり学力を学ぶ場所と考えてしまいがちですが、小学校受験というものは学力を計るものではなく、日常生活におけるしつけ、指示行動、団体行動、面接での受け答えなどが計られるのです。しつけに関しては自宅でも充分教えられるものですが、それ以外に関しては子供にそんな知識、行動を学ばせる機会はあまりないでしょう。

塾では基礎学習だけでなく、体の動かし方、集団行動の訓練、面接の練習などを学ぶことが出来ます。また同じように通っている子供たちとの交流が出来、親同士による情報交換も出来ます。そんな塾の選び方ですが、やはり下見は重要です。そのためにも無料体験、見学の機会を設けている塾に着目してみましょう。それに合わせて、塾の先生と子供の相性も見ておくことが大切です。それが合わなければ、身につくものも身につきません。

また塾ごとによる教育方針も違いますし、あるいはちゃんとした実績があるのかをチェックする人もいるでしょう。ただ教えるだけではなく、受験というものによるプレッシャーに押しつぶされないよう、ちゃんとケアしてくれ、親や子供の相談に親身になってくれる点も注目すべきポイントです。それぞれの方針、目的などに合わせて塾を選ぶといいでしょう。

▲ ページトップへ